お金のこと

【怖い】損したくない初心者が仮想通貨始めるべきかを調べてみた【もう遅い?】

はてなちゃん
はてなちゃん
仮想通貨投資って稼げるみたいだけど、どうやったらいいの?
仮想通子さん
仮想通子さん
ビットコインとかよく聞くけど、難しそうでめんどくさそうだし、なかなか始められない。

と思っている人はいませんか?

私もガッチリそのパターンの人間でして、「仮想通貨」という言葉はよく聞いていましたが損をしたら嫌だという気持ちからスルーしてきました。

しかし、主人がお小遣いで「仮想通貨」を始めていることを知り、もう身近な人も始めているんだ!という焦りから仮想通貨というあらゆる情報を読み漁り、まとめてみました。

これから仮想通貨を始めようか迷っている方必見です!

結論

一攫千金を夢見てやるならやらない方がいい。

これに尽きます。

ネットの情報、ブログ、Twitter、YouTubeいろいろ調べてみましたが、先に始めている大先輩方が仮想通貨初心者に向けて話していることは大体同じでした。

仮想通貨はハイリスク・ハイリターンの部類に含まれています。

リスクを受け入れられる人だけやってください。
なぜなら、100万投資したとしても50万、または0円に近くなるかもしれないからです。

価格が上がった下がったに無の感情でいられないと振り回されてしまいます。

もし、始めてみたい人は、安心して投資できる金額を投資する
全資産を投資するなんてもってのほかです。最悪なくなってしまってもいいかなくらいの金額で始めてくださいね。

それでも仮想通貨に興味がある方は読み進めてください。

仮想通貨の基本やリスクについてもまとめてみました。

 

仮想通貨ってなに?

そもそも仮想通貨とは簡単に言うと

仮想通貨=インターネットで使われているお金
ねこかぶり
ねこかぶり
現実世界で使われているお金(法定通貨)と比べてみましょう。
法定通貨 仮想通貨
どんな形? 紙幣や硬貨 形は存在しない
取引の場は? 銀行など 取引所
どこで使えるの? 国内ならどこでも 一部のお店で電子マネーと同じようにアプリを通して使える
たんじ
たんじ
電子マネーと同じような使い方ができるんですね。

仮想通貨も電子マネーと同じなの?

仮想通貨と電子マネーは全くの別物です。

たんじ
たんじ
簡単に箇条書きにしてみましたが、詳しくは後で解説しますね!
  1. 発行元が違う:電子マネーは発行元が実在する会社ですが、仮想通貨は基本的に管理する特定の団体がないのです。
  2. 購入方法が違う:電子マネーは現金やクレジットカードでチャージすることで利用できますが、仮想通貨は取引所と呼ばれる所で交換します。
  3. 利用できる地域が違う:日本の電子マネーは使用できる場所が限られてきますが、仮想通貨は仮想通貨決済を導入しているところでは、世界中で使えます。
  4. 価格の変動がある:電子マネーは決まった額をチャージして利用するので、中に入っている価値は変わりませんが、仮想通貨は変動しています。
  5. 個人間の取引ができる:仮想通貨は通貨なので現金と同じように個人間取引ができますが、電子マネーはできません。

株みたいなもの?

いいえ、違います。通貨です。為替のようなものです。

為替とは?

為替:現金を直接使わずに支払いをすること

為替には現金が国境を跨がない

  • 内国為替

と、国境を跨ぐ

  • 外国為替

の2種類があります。

具体的には、クレジットカードを使用した際の銀行口座からの引き落としが「内国為替」になります。

ただ単に為替というときは、後者の「外国為替」を一般的に表します。

外国為替は、ドルと円など、異なる通貨間で行われます。

1ビットコインはいくら?

決められていません。日本円をドルに変える時と同じように毎日変動しています。

誰が最初に始めたの?

サトシ・ナカモトという方が論文を発表したのが始まりです。

そしてこれなら仮想通貨って成り立つんだ!と興味を持った専門家の人たちが集まり、いつしかこの仕組みになりました。

サトシ・ナカモトさんが日本人かどうかは不明です。

仮想通子さん
仮想通子さん
日本人のような名前だけど今のところ正体は不明なんだって

なぜ仮想通貨はお金のように価値を持てたの?

仮想通貨には「信用」があるからです。

私たちが普段使用している「お札・小銭」の法定通貨は実際ただの紙なのに、なぜ様々な商品と交換できるのでしょう?

それはみんながこの紙には価値があると信用しているからです。

では、仮想通貨の信用を支えているものは一体なんでしょう?

安全性

仮想通貨は偽造することが大変難しいとされています。

仮想通貨利用者全員の取引履歴が記された帳簿仮想通貨利用者全員がそれぞれ持っているというような仕組みになっています。(これを「ブロックチェーン」といいます。)

従来の銀行のシステムは、中央のシステムが管理しており、取引記録を一元管理しています。

一元管理とは?

そこら辺にバラバラに転がっているやつらを、ひとまとめにして統合的に管理すること

引用元「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

この中央のコンピュータがハッキングされると取引記録を偽造される恐れがあります。それを防ぐために銀行はセキュリティに莫大な費用をかけています。

一方、仮想通貨はP2P(Peer to Peer)という方式でネットワークを作り取引記録(帳簿)を分散管理しています。

こうすることで一部の記録が偽造されても、分散された他の記録と照合されすぐに偽造データとして排除されるのです。

偽造を成功させるためには膨大な電力と偽造を書き込む速さが必要なため、現実的に不可能で不正は起こらないとされています。

独立性

先ほど、電子マネーと仮想通貨の違いで簡単に述べましたが、法定通貨(私たちが使っているお金)は国(中央銀行)、そして電子マネーは実在する会社が管理していますが、仮想通貨はそのような管理者(団体)はいません。

国の管理、会社の保証がないという点で通貨としての信用度が低いという側面はあります。

がしかし、一方で中央銀行による為替介入や国の情勢(財政破綻やテロ)に影響を受けないという利点もあります。それが信用に繋がっています。

希少性

例えば金の埋蔵量には限りがあり、この希少性は金の価値の理由の1つです。

同様に仮想通貨にも発行数に上限を設け価値を保っています。

ちなみにビットコインの発行上限は2,100万枚と決められており、計算では2140年頃に全てのコインが発行されると言われています。

 

以上が仮想通貨の信用を支える要素になっています。

 

仮想通貨のリスク

値動きが大きい

仮想通貨は値動きが大きく、投資対象としてはハイリスクハイリターンです。

通貨の価値が暴落して資産が一気になくなってしまう可能性もゼロではありません。

取引所のトラブル

仮想通貨のシステム自体は強固で信頼できるものですが、通貨の取引所のセキュリティが弱かったりすると、コンピュータが操作されコインが流出する恐れがあります。

実際に平成30年に暗号資産(仮想通貨)交換業者「コインチェック」から約580億円分のNEM(ネム)が流出した事件がありました。

被害に遭わないためにも、売買の予定がないときにはウォレット(財布)と呼ばれる保管場所に移しておくなどの対策が必要です。

全て自己責任

仮想通貨は中央で管理している人がいません。

なので、送金ミスを誰かに頼んで取り消してもらうことはできません。

そして貨幣価値が暴落しても、誰も元本の保証はしてくれません。

ミスの責任は全て自分自身で背負わなければなりません。

 

以上が仮想通貨のリスクです。

 

仮想通貨はどこで買えるの?

一般的に「取引所」や「販売所」と呼ばれるところで購入します。

TVやネットの広告でよく見る「ビットフライヤー」や「コインチェック」はこの販売所にあたります。

取引所や販売所は銀行のように各地に支店があるわけではなく、ネット上の取引所や販売所のサイトで自分の口座(アカウント)を作り、そこで通貨の売買を行います。

 

仮想通貨はどのように使うの?

例えばビットコインをお店で使うには、使う分のコインを「ウォレット」に移す必要があります。

決済は電子マネーのようにスマホをお店のQRコードにかざす形で行います。

しかし、全ての店がビットコイン決済に対応している訳ではないので、その場合は取引所や販売所のサイトでビットコインを日本円に換金し、自分の銀行口座に送金して日本円として使うこともできます。

[pz-linkcard-auto-replace url="https://jpbitcoin.com/shops"]

 

有名な仮想通貨

仮想通貨に詳しいマナブさんがおすすめする有名な仮想通貨5つまとめてみました。

それぞれ特徴をあげてみましたので、技術を応援したいなと思ったところに投資するのがいいと思います。

ビットコイン(BTC)

仮想通貨の中では一番人気です。

ビットコインは、世界で最初に発行された仮想通貨といわれています。

ビットコイン以外の仮想通貨は「アルトコイン」と呼ばれ、イーサリアムやリップルなどが代表的です。

2021年現在、全世界で最も時価総額が高い仮想通貨なので手に入れるのが難しいとされています。

イーサリアム(ETH)

イーサリアムはヴィタリック・ブテリン氏によって開発されたプラットフォームの名称です。

このプラットフォーム内で使用される仮想通貨をイーサといいます。

イーサリアムの特徴としてスマートコントラクトが挙げられます。

スマートコントラクトとは?

簡単に言うと、契約を自動的に実行する仕組み(プログラミング)のこと。イーサリアムの仮想通貨の契約の際にも使われています。

リップル(XRP)

リップル社の特徴はブリッジ通貨と呼ばれるものです。

銀行経由の国際送金には送金手数料の高さや送金速度の問題がありましたが、リップルは仮想通貨の中でも処理コストが安く取引の処理はわずか数秒で完結します。

そのため、例えば「日本円↔︎リップル↔︎米ドル」のように、国際送金でリップルが架け橋(ブリッジ通貨)として活用される場面があります。

テザー(USDT)

テザーの特徴はステーブルコインです。

ステーブルコインとは?

米ドルと連動した通貨です。米ドルと連動している為、中央集権的にしないと安定が保たれません。Tetherの発行元である「Tehter Limited」が介入しています。

Binanceコイン(BNB)

バイナンスコイン(BNB)とは、世界最大級の仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)で発行されている取引所で使われるトークンのことです。

トークンとは?

仮想通貨の世界におけるトークンは、仮想通貨との違いも明瞭ではなく、人によって定義があいまいです。

仮想通貨も広義ではトークンに含まれてしまいますので、そこまで違いを意識して使う人も多くありません。

また、ブロックチェーンが使われている仮想通貨の世界のトークンのみを「トークン」と呼ぶ人もいれば、電子マネーやポイントなどを含めて「トークン」と表現する人もいます。

2019年11月19日時点で時価総額は8位となっており、一取引所のトークンとしては異例の人気を誇っている仮想通貨です。

 

仮想通貨のメリット

たんじ
たんじ
ちなみにデメリットはこのページの”仮想通貨のリスク”で取り上げています

個人間送金ができる

中央を挟まないので、送金手数料が安いです。

仮想通子さん
仮想通子さん
銀行の手数料って高いよね!

謎の規制がない

銀行に例えると「送金はいくらまで」「時間何時まで」ということが、仮想通貨にはありません。

国に依存しない

中央銀行による為替介入や、国の情勢(財政破綻やテロ)に影響を受けないという利点があります。

 

購入するときの注意点

販売所からは買わないこと

理由は手数料が高いからです。

画面的に見やすかったり、初心者向けな感じを醸し出していますが、詐欺のような手数料を取られてしまいます。

絶対に取引所で購入しましょう。

マイナーな取引所は使わない

おすすめ取引所は会社自体の資産が大きいところです!

もしも、何かあった時に安心です。

bitFlyer(ビットフライヤー)

GMOコイン

Coincheck(コインチェック)

恐怖を感じるならやめる

冒頭でも申し上げたとおり、一攫千金を夢見てやるなら絶対におすすめしません。

リスクを受け入れられる人だけやってください。100万→50万、または0円に近くなるかもしれないので。

もし始めるなら、まずは最悪なくなってもいい金額を投資できる金額を投資してください。ギャンブラーでもない限りは、全資産投資はしないでください。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

仮想通貨は非常に値動きが激しいため、買うタイミングによっては大きく利益を得ることができます。

しかし、それは逆に、大きな損失が出ることも珍しくない、ということでもあるため、注意が必要です。

人間は変化を恐れる生き物です。

今では便利でお得なクレジットカードや電子マネーも、始まったばかりの頃は、

「危ない」「怪しい」と恐れられてきました。

しかし、きちんとした知識を持てば怪しかったり、危なくないことがわかります。

仮想通貨も将来、電子マネーと同様に使われる日が来ると私は思います。

今回仮想通貨を調べてみて、儲かる、儲からないではなく、次に来るかもしれない「支払いシステム」としての知識は持っていても損はしないのではないか、と思いました。

たんじ
たんじ
なので、私はCoincheck(コインチェック)少額からはじめてみようと思います!
【儲かった?】初心者が仮想通貨を始めて一ヶ月経った結果…【大損?】こんにちは、たんじです。 先日、このブログで初心者が仮想通貨を始めるべきかどうかのお話をしました。 その後よ〜く勉強をし、私...

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

このブログを「いいな」と感じていただけましたら、下のクマさんをクリックしていただくととても嬉しいです^^

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島(市)情報へ