その他

【専門学生】デザイナーを目指す人が最初に買うべきパソコンって?【大学生】

デザインの仕事をするにはパソコンがなければ始まりません。

もし、学校に一人一台ずつノートパソコンが貸与される場合でも、家で行う課題等でパソコンがどうしても必要になってくるでしょう。

デザインの専門学校に入学したけど、特に学校での指定がなかった…
どんなパソコンを買ったらいいかわからない

家電大好き歴20年の私が、デザイン系でどのぐらいのスペックがあれば間違いないのかを調べ上げ、数あるパソコンの中から時間をかけて厳選してみました。

デザイン専門学校入学生や、買い替えようかと考えている在校生の方におすすめの最新ノートパソコンをご紹介します!

デザイン専門学校生におすすめの最強パソコン

いきなり結論を言いますと、この2台なら間違いないでしょう。最強です。

たんじ
たんじ
高機能で卒業してからも社会でバンバン使えるものをチョイスしてみました。
しかし、その分お値段はお財布には優しくありませんが…
ここから先は、必要なスペック(性能)を詳しく解説、そして初心者さんや専門学校在学中で使う分には十分な性能のパソコンもご紹介していきますね!

OSはWindows?それともMac?

OSとはMicrosoftが開発した「Windows」とAppleが開発した「Mac OS」の、主に2種類があります。

Windows、Macどちらでもデザインの作業はできます。

シェア率はWindowsが圧倒的ですし、社会に出るとWindows中心の企業が多い傾向があります。

それに皆さんが通っていた中学、高校でも学校のパソコンの授業はWindowsだったと思いますので、慣れ親しんだWindowsの方を購入する予定の方もいらっしゃると思います。

しかし、専門学校卒業後、デザイナーとして働くつもりならMacがおすすめです。

なぜかというと、理由は2つあります。

  1. MacはWindowsに比べて、デザイナーさんの間で長い間使われていた為、グラフィックアプリケーションやフォントの互換性にまつわるトラブルが少ないから。
    ※なぜデザイナーさんの間でMacばかり使われていたかと言うと、Webでデザインの作業が盛んでなかった頃、印刷業界で使われていたソフトがMacだけに対応していたからなのです。
    なので、デザイナーさん達もMacを使わざるを得なかったのです。
  2. 現在働いているデザイナーさん達はMacを使っている方が多いため、社会に出てデータの送受信等のやりとりをする時のトラブルを起こす可能性が低くなる。
たんじ
たんじ
もし、WindowsにこだわりがないのであればMacを購入した方が安心ですね。

Macを購入する時の注意点

Macはカスタマイズをする場合、お店ですぐに持ち帰りができず、インターネットでの注文となります。

Macのカスタマイズとは?

Macはプロセッサ(CPU)、グラフィック(GPU)、メモリ(RAM)、ストレージ(SSD)、そしてキーボードまで自分の好み(値段、性能)に変更することができるのです。

そして購入時は必ず学生・教職員向けストアで購入をしてください。
(対象のMacを購入すると最大21,000円割引になり、今なら18,000円分のApple Storeギフトカードもついてきます。製品保証のサービスAppleCare+も20%オフになりますので、どうせ購入するのであればお得な方を。(2021年3月現在))

Apple公式 学生・教職員向けオンラインストア



Web制作に必要なスペック(性能)は?

では、最低限デザイン専門学校で使うには、どのぐらいのスペックが必要かというと…

  • CPU : Intel core i5以上
  • メモリ : 8GB以上
  • ストレージ : SSD 256GB以上

と考えられます。

このスペックを下回るパソコンは、買い直す必要が出てくる恐れがありますので、おすすめしません。

CPU

CPUというのは、パソコンの処理能力(演算能力)を決める部品で、人間で例えると頭脳(頭の良さや仕事の速さのイメージ)です。

CPUのスペックが良いほど処理するスピードが速くなります。

ちなみに、core i5 の下位クラスが core i3上位クラスが core i7となります。

core i7はYouTubeなどの動画編集やゲームなどで使えるレベルのCPUなので、Webデザインに限って言えば、特段そこまでのスペックは必要ないでしょう。

メモリ容量

メモリ容量とは、コンピュータで作成する文章や情報などいろんな作業の内容を、一時的に記録するために使用するもので、メモリの容量(大きさ)を増やすことで、いろんなソフトを同時に使用できたり、すばやく処理できたりします。

そして、メモリはよく机に例えられます

机が広いと仕事がやりやすく、書類を広げたままでも関係なく作業することができます。

たんじ
たんじ
逆に、机が狭いと資料も書籍もグチャグチャになって、作業効率が悪くなってしまいますよね。

Web制作では、複数のアプリケーションを起ち上げて作業をすることが多いため、メモリをたくさん使うのでメモリの容量を考えることは重要な事なのです。

もし予算に余裕があるのであれば、16GBが理想です。

最低でも8GB以上のパソコンを用意しましょう。

ストレージ

ストレージとは別名「記憶装置」とも呼ばれており、パソコンのデータ保存場所のことです。

ストレージは机の引き出しや本棚に例えられます。

PC本体のストレージはHDDとSSDがありますので、迷わずSSDにしましょう。

なぜなら、HDDよりもSSDの方が読み書きの速度が速く、サクサク動くからです。

そしてストレージの容量は256GB以上あると安心です。

デザインデータや画像素材などを保存していくと、意外と容量がなくなってしまいます。

もし、ストレージが足りなくなりそうな場合は、外付けHDDが1TBで1万円以内で購入できます。

たんじ
たんじ
ストレージは外付けもできるから256GB超えてしまっても安心ですね。

大きさと重さ

専門学校やカフェなどの外出先で使う機会が多くなりそうな方は、12.0~13.0型の軽くて持ち運びが快適なノートパソコンを選びましょう。

A4サイズのノートが入るバッグなら、13.0型のノートパソコンでも収納できます。持ち運びが多いなら1kg、重くても1.5kg以下が重さの目安です。

もし専門学校で貸与してくれる場合など、家でしか使用しない場合は、もう少し大きめの15〜16型を選ぶと良いでしょう。

画面が大きいほど、作業がはかどります。

専門学校で使うには十分なおすすめパソコン

Apple MacBook Air

商品名 MacBook Air 13インチ [MVH52J/A]
液晶サイズ 13.3インチ
CPU Core i5/1.1GHz/4コア
ストレージ SSD:512GB
メモリ容量 8GB

dynabook P1V8JPBL

商品名 dynabook P1V8JPBL
画面サイズ 12.5型(インチ)
CPU インテル Core i7 8550U(Kaby Lake Refresh)/1.8GHz/4コア
ストレージ SSD:512GB
メモリ容量 8GB
OS Windows 10 Home 64bit
重量 1.059kg

マウスコンピュータ「mouse K5」

 

商品名 mouse K5
CPU インテル Core i7-10750H プロセッサー
ストレージ SSD 512GB
メモリ容量 16GB
OS Windows 10 Home 64ビット
重量 約 1.95 kg

あわせて必要な付属品は?

外に持ち運び用の『カバンかクッションケース』

データの受け渡し用に『USBメモリスティック』

バックアップ用に『外付SSD』

周辺機器を接続する『USB Cハブ』

自宅で大きな画面で操作したいなら『モニター』

イラストやレタッチをするなら『ペンタブレット』

細かな操作を必要とするなら『マウス』

が必要になってきます。

【2021年】専門学校の授業におすすめペンタブレットはこれ!【初心者向け】イラスト制作や画像編集に便利な「ペンタブレット」ですが、メーカーや値段も種類も豊富で初めて使う方や、これから専門学校の授業で使う方は何を...

Microsoft Officeはつけた方がいい?

Wordは提出形式として指定されることが多く、レポートの作成に不可欠です。

本来Microsoft Officeは有料ですが、初めからパソコンに備わっていれば後から購入せずに使用できますので、ついているものを選んでくださいね。(※MacにはMicrosoft Officeが入っていませんので学生・教職員向けオンラインストアで通常よりも安く購入してください。)

また、専門学校によっては、Microsoft Officeが在学中は無償で使える学校がありますので、購入前にご確認ください。(でも卒業後は使えなくなるので、やはり入れておいた方が無難かもしれませんね。)

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

このブログを「いいな」と感じていただけましたら、下のクマさんをクリックしていただくととても嬉しいです^^

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島(市)情報へ
関連記事